派遣の仕組み

【人材派遣・請負(業務委託)システムについて】

「派遣社員は正社員や契約社員とはどう違うの?」「派遣と請負の違いは?」
このような疑問をお持ちの人材をお探しの企業ご担当者様向けに簡単にご説明いたします。
「この場合はどうなるの?」「もっと詳しく知りたい」と思われた方は、お気軽にお問合せください。

【一般的な労働形態と人材派遣の違い】

一般的な労働形態
人材派遣

一般的な労働契約(正社員や契約社員)は、雇用主(企業)と労働者が直接雇用契約を結び、雇用主が指揮命令を行い、また賃金の支払いも雇用主が行います。 しかし、派遣契約は「雇用関係」と「指揮命令関係」が分離しています。
派遣スタッフと雇用契約を結ぶのは、派遣スタッフを受け入れる企業ではなく派遣会社です。
正社員や契約社員とは異なり、派遣スタッフへの給与の支払いは、派遣会社が行います。

【人材派遣と請負(業務委託)の違い】

人材派遣
請負

人材派遣と請負(業務委託)では、「指揮命令関係」の所在が大きく異なります。
人材派遣における派遣会社、派遣先企業および派遣スタッフの三者間の関係と、請負契約の関係は以下の通りです。

【人材派遣】

  • 派遣会社と派遣スタッフとの間に雇用関係がある。
  • 派遣会社と派遣先企業との間に派遣契約が締結され、この契約に基づき、派遣会社が派遣先企業に派遣スタッフを派遣。
  • 派遣スタッフを受け入れた企業は派遣契約に基づき、派遣スタッフを指揮命令する。

【請負契約】

  • 請負元が自ら雇用する労働者を直接指揮命令するので、労働者派遣のような関係はない。
  • 業務委託の場合も同様。
  • 注文主から労働者へ注文主から労働者への指揮命令は違法

【派遣が禁止されている業務】

派遣法によって下記業務は人材派遣が禁止されています。

  • 港湾運送業務
  • 建設業務
  • 警備業務
  • 医療関連業務(医師・歯科医師・薬剤師・保健師・看護師・栄養管理士など)
    ただし、紹介予定派遣が行われる場合には、医療関連業務であっても労働者派遣事業を行うことができます。
    また、病院などにおける医療事務業務、ホームヘルパーなどの介護業務は、医療関連業務には含まれないため、人材派遣が行えます。
  • 人事労務管理関係のうち、企業において団体交渉又は労働基準法に規定する協定締結などのための労使協議の際に、使用者側の直接当事者として行う業務については人材派遣は行えません(この行為を行わないことが労働者派遣事業の許可基準になっているため)。
  • 士業(弁護士・司法書士・土地家屋調査士・税理士・社会保険労務士・行政書士・公認会計士など)

その他、ほかの法令との関連から派遣スタッフが行ってはならない業務になることがありますので、注意が必要です。